株式会社 AU建築設計事務所「調査相談窓口」はこちら

赤外線建物診断外壁タイル診断

赤外線サーモグラフィでわかる建物外壁タイル診断「赤外線建物診断技能師」が実施します

平成20年4月の改正建築基準法(国交省)により
外壁全面診断が義務化に!

外壁全面診断対象建築物
  • (1)特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの
  • (2)竣工後10年経過した建築物
  • (3)外壁改修等から10年経過した建築物
  • (4)外壁全面打診調査後10年経過した建築物
全面調査対象の部位

全面調査の対象部位は「落下により歩行者等に危害を加えるおそれのある部分」として、以下のように定められています。

全面調査範囲…全面調査範囲   落下防護施設(屋根・庇等)…落下防護施設(屋根・庇等)  

当該壁面の前面かつ当該壁面高さの概ね1/2の水辺面内(上図黄色で示したエリア)に、公道、不特定または多数の人が通行する私道、横内道路、広場を有するもの。

壁面直下に強固な落下防護施設(屋根・庇等)が設置され、または植込み等により、影響角が完全にさえぎられ、危険がないと判断される部分を除く。

テストハンマー全面打診方法と比較した場合の赤外線建物診断のメリット

  1. メリット1安全

    基本的に地上の離れた場所から測定しますので、安全に診断ができます。

  2. メリット2非破壊

    ハンマー等で建物を壊すことなく、診断できます。環境に敏感な病院・学校・ホテル・福祉施設等にも最適です。

  3. メリット3経済的

    足場やゴンドラなどの設備は、全く不要のため、短時間・低コストで診断できます。

  4. メリット4静か

    外壁をハンマーで叩いて、大きな音を出すことはありませんので、近隣への騒音問題も心配ありません。

    ※ただし、外壁の赤外線調査において、建物の1階などは打診調査を行いますので、打診音が発生する場合があります。

  5. メリット5記録

    外壁の状況を赤外線サーモグラフィーで解析し、「プロット図」で提出します。画像データとしての保存も可能です。

建物の北面が調査必要な箇所の場合、
5月頃~10月頃の外気温が高い時期に調査を行うことをお勧めします。

赤外線建物診断の事例

  • タイルの浮き:白枠の赤色部分が浮きによる高温です。黄枠は、水分の浸入です。

  • タイルの浮き:白枠の赤色部分が浮きによる高温です。

  • モルタルの亀裂:白枠の青色部分は、亀裂に水分が侵入し、低温になっています。

  • タイルの浮き:白枠の赤色部分が浮きによる高温です。

  • タイルの浮き:白枠の赤色部分が浮きによる高温です。

  • モルタルの浮き、亀裂:白枠の赤色部分が亀裂、浮きによる高温です。

調査の流れ

  1. 1
    お申込み

    電話(029-273-6832)、メールよりお問合せください。

  2. 2
    現地下見 撮影条件の確認

    撮影対象の建物について、撮影可能か下見を行います。

  3. 3
    お見積り

    平面図、立体図その他外壁面積のわかる図面をメールでお送りいただきます。

  4. 4
    調査

    晴天の日に赤外線カメラにて対象外壁面の赤外線撮影を行います。
    調査当日の天候に関しては、「晴れ」もしくは、「晴れ時々曇り」であれば、撮影が可能です。スケジュールなどの詳細については、ご相談ください。

  5. 5
    画像解析 報告書提出・説明

    結果は調査報告書にまとめ提出します。ご希望のお客様には、
    解析過程を見て頂きながら、調査結果の説明を行っています。

赤外線カメラ 仕様

赤外線カメラ

≪使用機種≫
FLIR T640bx
フリアーシステムズジャパン株式会社

視野角/
瞬間視野角
[温度分析性能]0.035℃(30℃にて) [フォームスレート]30Hz
[フォーカス]自動/手動 [ズーム]1-8倍 [最低焦点距離]0.25m
[検出素子/測定波長]非冷却マイクロボロメーター(FPA)/7.5~14µm
[解像度(熱画像)]640×480 [空間解像度]0.68mrad
計測 [計測温度範囲]-40℃~650℃ [温度精度]±2もしくは読値の±2℃
計測/解析 [放射率]調整範囲0.01~1.00 0.01毎に設定可能
使用環境 [操作環境温度]-15℃~50℃ [湿度]95%
3倍望遠レンズ [空間解像度]0.19mrad[画角]7°×5.3°
(10階以上及び撮影距離130mまで)
2倍望遠レンズ [空間解像度]0.41mrad[画角]15°×11°
(5階以上及び撮影距離60mまで)